建築コラム

トイレを綺麗に保てるようにするためのトイレリフォームをご紹介

手間も時間もかかる毎日のトイレ掃除を苦に感じ、ストレスを抱えている方は多いのではないでしょうか。
しかし、毎日使うトイレを清潔に保つためには、日々の掃除を怠るわけにはいきません。
そこで今回は、日々の掃除を楽にして、トイレを綺麗に保てるようにするためのトイレリフォームを、ご紹介します。


□縁裏のない便器にする
トイレ掃除で1番といっていいほど手間がかかるのが、尿石掃除だと思います。
尿石とは、尿が乾いて、尿の中のカルシウムが空気中の成分と反応して固まることにより生じる汚れです。
便器の縁裏や、壁・床など、尿が飛び散る全ての部分に尿石は生じます。
中でも、便器の縁裏は、最も尿石が生じやすいだけでなく、その除去が難しい部分です。
リフォームによって、縁裏のない便器に取り替えることで、尿石がつく心配もなくなり、尿石掃除にかかる手間を省くことができます。

□床材や壁材を交換する

*床材をタイルからフローリングへ
床にも、尿が飛び散ったり、埃が溜まったりすることにより、黄ばみや黒ずみが生じてしまいます。
特に床材がタイルの場合、その境目の部分にどうしても汚れが溜まってしまいがちです。
そこで、リフォームをして床材をタイルからからフローリングにする事で、段差がなくなって汚れが溜まりにくく、また、さっと拭き掃除をするだけでも汚れが取りやすくなります。

*壁材をホーローへ
壁も、床と同様に尿が飛び散ることにより、汚れが生じやすいです。
ホーローという壁材は水分がつきにくいため、そういった汚れが生じにくいことで知られています。
さらに、剥がれにくい壁材であるため、汚れが生じてしまった場合も、剥がれる心配なしに強くこすることができます。
リフォームをして壁材をホーローに替えることにより、トイレ掃除の手間を省くことができるのです。

□収納を増やす
トイレ掃除をする際、床に物が散らかっていたり、あるいは掃除用具がトイレから離れたところにあったりすると、余計な手間が増え、掃除の効率が落ちてしまいます。
リフォームによってトイレの中により広く収納スペースを設けることで、床に置いていたものや掃除用具をそこにしまうことができるため、余計な手間を省くことができるのです。


以上、より少ない労力でトイレを綺麗に保てるようにするためのリフォームをご紹介しました。
日々のトイレ掃除を苦に感じている方は、できるだけ早く上記のようなトイレリフォームを実施して、より快適な生活を送ってみてはいかがでしょうか。

  • 住まいのことは何でもお気軽にご相談ください 電話番号:0847-51-3154
  • 無料お見積り
  • facebook