建築コラム

注文住宅を建てる費用、坪単価の相場について

「注文住宅って坪単価の相場としてはどのくらいなのだろう。なるべく安い方が良いけれども…」
注文住宅を考える上で無視できない費用の話、今回は坪単価の相場がどのくらいであるのかということと、
費用をなるべく下げるためでできることについてご紹介いたします。

□坪単価の相場
坪単価というのは約3.3平方メートルである『坪』あたりにどのくらいの建築費用がかかるのかを示したものです。
この坪単価に全体の床面積を掛け合わせたものが本体価格となるため、
おおよそどのくらいの費用がかかるのかということを示す目安として産出されます。
床面積に関してはまだ建っていないために推定値であることは留意しておきましょう。
坪単価の相場としては家によって様々です。

20万円を下回る物件がある一方で150万円を超えることもあります。
使う素材や工法によって変わってきますので一概に言えませんが、
取り入れる素材が通常の分譲住宅で試用されているものとは異なる点で、
注文住宅の方が坪単価も含めて高い傾向があると考えておくと良いでしょう。
なお坪単価につきましては、工事費用を延床面積で割ることで算出するところもあれば、
バルコニーや玄関なども含めた施工床面積で割る業者もあるため注意が必要です。

□注文住宅の費用を下げる工夫
坪単価に興味がある方の中には注文住宅の費用が高くなることを気になさっている方もいらっしゃるかもしれません。
自己資金で賄うにしても住宅ローンで賄うにしても負担は大きいので、なるべく安くしたいものですよね。
そこで、質をそのままにしつつもなるべく費用を抑える工夫についてご紹介いたします。

*シンプルな形を心がける
費用を削減する方法として一番効率の良い方法が床面積を減らすというものですが、
狭くしてまでコストをカットすることはしたくないという方もいらっしゃることでしょう。
そういった方にお勧めなのが、シンプルな形にするということです。

たとえば、外壁にへこみをなくして上から見たときになるべく四角に近い形にすることによって、
外周が減る分外壁の表面積が少なく成って、余計な建材を使う必要がありません。
これは高さの面でも言えることで、一階と二階床面積を全く同じように設計すること構造部や屋根の工事費用を抑えることが可能です。
また、屋根についても寄棟よりも切妻や片流れといった面の数を少なくすることによって必要な素材が少なくて済みます。

*仕切りを減らす
階段の周りを壁で仕切っている住宅は多いですよね。
その部分を手すりにするあるいはリビングなどからつながるようにすることで出入り口を設ける必要がありませんし、
建材の使用を減らすこともできます。
また、子供の部屋をリビングから見えるようにしておくのも一つの工夫です。
費用を削減できるだけではなく、顔が見えるという点でコミュニケーションの促進にもつながりますよ。
リビングを広々ととっておいて、将来的に一部分を仕切って書斎や小さな部屋にするといった可塑性を活かすこともおすすめです。

□最後に
今回は注文住宅における費用の話として、坪単価の相場に関連したことと、
費用をなるべく下げる工夫としてできることについてご紹介いたしました。

  • 住まいのことは何でもお気軽にご相談ください 電話番号:0847-51-3154
  • 無料お見積り
  • facebook