建築コラム

オール電化にリフォームしよう! 良いところは?

オール電化にリフォーム後の暮らしをシミュレーションしてみましょう。どのようなメリットがあるでしょうか。

まず、今まで給湯や調理のために契約していたガスを全く使わなくなるので、ガスの契約をしないことになります。ガスの基本料金と使用量が0円になるということです。

 

そして、電力会社には、オール電化住宅を対象としたお得な料金プランがあります。深夜の電気料金がかなり低く設定されているのが特徴で、給湯用のお湯を沸かしておいたり、洗濯機・炊飯器・食洗機などのタイマー設定できる家電をこの時間帯にセットしておくと電気料金を抑えることができます。

深夜電力を利用できる暖房設備もあります。そのうちの一つ、蓄熱暖房機は電気料金が安い時間帯に熱を作ってためておいて、それ以外の時間帯には放熱して家を暖めるというものです。床暖房の中にも、深夜に作っておいたお湯を利用して暖めるものがあります。これらの設備を導入できるなら、空気の乾燥を防げる上、暖房費の節約もできます。

 

このように、経済的な効果に加えて、安全(ガスがない)という点もあげられます。家の内外で火を使うことがないので、火事の心配も低くなりますし、ガス漏れや不完全燃焼による事故なども起きないと言えます。事故とまではいかなくても、ガスコンロやガスストーブ、石油ファンヒーターなどで空気が汚れないのは快適です。

さらに、太陽光発電でもっとお得にオール電化を利用することができます。太陽光発電して使わなかった電力は電力会社に買取ってもらえます。収入になるということです。そして、オール電化住宅プランのメリットを最大限に活用することもできます。

 

オール電化住宅プランは、深夜の電気料金が格安になっている代わりに、昼間の電気料金は割高に設定されています。極力昼間に電力を使わなければ良いのですが、まったく使わないというわけにもいきません。でも昼間は太陽光発電ができる時間帯です。発電した電力は優先的に消費されるようになっているので、電力会社から高い電力を買う量を減らすことができます。夏の昼間にエアコンを使いたい時や、深夜に沸かしておいたお湯が足りなくなって、昼間に沸かさないといけない時などにも助かります。

 

オール電化と太陽光発電を併用するなら、経済的に負担が減るだけでなく、工夫次第では収入をプラスにすることもできます。リフォームをされる予定がおありなら、ぜひ一緒に導入することを検討されてください。

  • 住まいのことは何でもお気軽にご相談ください 電話番号:0847-51-3154
  • 無料お見積り
  • facebook