2018年07月

トイレリフォームで便座を選ぶときに注意したいこと

トイレは毎日使う物なので、気をつけていても汚れが気になってくることが多いです。丁寧に使い掃除をしていても、こびり付いた汚れはなかなか取り除くことはできません。

毎日何度も使う場所なので、気持ちよく利用したいと考えトイレリフォームをすることにしました。トイレリフォームでは、便器全体ではなく便座のみの交換です。

便器全体をリフォームで交換する場合は、トイレの排水方式に注意しなければいけません。全体を交換するわけではありませんが、排水方式以外にも注意しなければいけないことがあります。

トイレリフォームを考える場合は、どのような製品を設置することができるのかを確かめなければいけません。温水洗浄便座を希望する場合は、取り付けが可能か確認してから選ぶようにしましょう。

タンクが便器のどの部分にあるのかも、しっかりと確認しなければいけません。タンクが便器の背中や一体型の製品の場合は、リフォームでとりつけることができます。

便器と離れた場所にタンクがある場合は、取り付けることができない場合があるので注意が必要です。

自分で取り付けることができるかわからない場合は、知識のある専門業者に相談するようにしましょう。

タンクの位置を確認し取り付けができる場合でも、確認しなければいけないことがあります。トイレの室内に、電源を取ることができるコンセントがあるか確かめることも大切です。

コンセントがない場合は、そのままの状態では温水式洗浄便座などを取り付けることはできません。新たに電源を引くための配線工事が必要になるため、専門業者に依頼することになります。

どのような製品を選べばよいかわからない時は、現在設置されている便器と同じメーカーの物を選ぶ方が安全です。同じメーカーでもサイズなどが異なると設置することができないため、専門業者に相談しましょう。

トイレリフォームをする時は、搭載されている機能や水の温め方式などにも注意が必要です。水の温め方には、貯湯式と瞬間式の2つがあります。

貯湯式はいつも温めているため、すぐにお湯がでてくるので冷たい思いをすることがありません。瞬間式の特徴は、トイレを使う時に水をお湯にすることです。

使う時だけ水を温めるため、光熱費が安くできることが瞬間式のメリットになります。1度に使えるお湯の量は貯湯式の方が多くなるため、トイレの使用状況に応じて選ぶようにしましょう。

これ以外にも、様々な機能が温水洗浄便座には搭載されています。洗浄方式が選べたり、ふたが自動的に開閉する商品などを選ぶことが可能です。

わからないことが多くなるため、専門業者に相談するほうが安心できます。

浴室リフォームにおいて重要な浴槽選びのポイント

浴室リフォームにおいて最も重要となるのが、浴槽選びです。材質やサイズを、理想とする浴室のイメージと合うように選びたいものです。

まずは、浴室を和風にするか洋風にするかがポイントとなります。大半の家庭では洋風の浴室にしますが、中にはあえて和風の浴室にするというケースもあります。

和風の浴室にする場合は、檜風呂など木の浴槽が好まれます。檜風呂にしたいために、和風の浴室にする場合も多いです。

檜を主とする木製の和風浴槽は、保温性や耐衝撃性が高く、木独特の心地よい肌ざわりがあるため多くの人に好まれています。ただ品質によって、耐久性に大きな差が出ます。

洋風の浴室にする場合は、ユニットバスにするかも大きな問題となります。ユニットにすると、修理の際に浴室全体に関わってくるという難点もありますが、掃除がしやすいなどの大きなメリットもあります。

ユニットでない場合は、タイルの浴槽が使われることが多いわけですが、ユニットの場合は、FRPと呼ばれるガラス繊維強化プラスチックや、ホーローが使われることが多いです。

FRPは保温性や耐久性および耐衝撃性が高く、肌ざわりにもぬくもりが感じられます。カラーバリエーションも豊富で値段も手頃であり、手入れも簡単であるためたいへん人気があります。

バスタブの材質には、他にステンレスや人工大理石および人造大理石などもあります。人工大理石はアクリル樹脂やポリエステル樹脂でつくられており、人造大理石は大理石からつくられています。

ユニットバスは、さまざまなメーカーによって製造されています。メーカーごとに力を入れているポイントが異なるので、選ぶ際には必ずショールームへ出かけ、実物を確認することが望まれます。

浴槽の質感や肌触りなどの本当のところは、ショールームでこそわかるものです。

新たな発見もありそうですから、実物を確かめるということは大事です。カタログや映像だけではつかめないこともあります。

浴室のリフォームでは、たいていバリアフリー化もおこなわれます。バリアフリーにするにはかなりの金額が必要となりますので、手すりだけにするということもありますが、高齢化社会となり、介護保険も利用できるようになっていることから、バリアフリーを考えるケースは増えています。

バスタブも、高齢者が利用しやすい高さが低めのものが好まれます。低めで横長で、脚を伸ばして入りやすい形状は、もはやスタンダードになっていると言えるでしょう。

立方体のような、昔ながらの形状のバスタブは、まず需要がなく、消えつつあります。

キッチンリフォーム時に知っておきたい、キッチンの種類とその特徴

キッチンは毎日使うところですから、リフォームし快適に使用できると生活リズムが心地よくなります。

しかしショールームなどに行くとキッチンにはさまざまな種類があり、我が家にはどのタイプが合っているのか分からないといった不明な点が多々あります。まずは基本の型を知りましょう。

キッチンの種類は大きく、I型・L型・2列型・アイランド型があり、オーソドックスなのはI型です。シンクとコンロが一列に並び、上部に吊り戸棚とレンジフードが配置されています。

特徴はシンプルなことで、また人気や需要が高いですから多く生産されコストが安い点が挙げられます。据付作業や配管・配線作業も簡単であると言えます。

L型は文字通りL字のようにシンクとコンロが配置されますから、この2つの設備の行き来がしやすく、また見渡しやすい特徴があります。

そのため洗ったり同時に加熱作業を行うことが容易で、また冷蔵庫の配置をうまく考えれば、食材の準備~包丁作業~加熱調理などの作業が効率よくできます。

人の移動距離が短く、作業密度を高めることが容易ですからスペースの都合がつけばおすすめできるタイプです。デメリットとしてはコーナー部の収納効率が悪いことや、キッチンボリュームが大きいため価格が高くなりがちな点です。

2列型はシンクとコンロユニットが分離して、お互いが平行に並んだ形です。

レイアウト上、リフォームではあまり選ばれないタイプですが考えようによっては作業効率が高く、収納効率も高くできますので、大掛かりなキッチンリフォームを行うときには選択する余地がありそうです。

シンク部には流し作業を行うユニット、コンロ部には加熱作業を行うときに便利なユニットなどを専用に設置できるスペース上有利な点があります。デメリットは占有スペースが広いところです。

アイランドタイプは近年増えてきているタイプで、文字通り部屋の真ん中に島上にキッチンを配置するものです。

たくさんの人と調理を楽しみながら食事ができるオープンスタイルが可能で、キッチンを広々と使用できる部屋がある人向けです。

部屋の中央にキッチンがありますから、常に整理整頓が必要で、収納スペースを多く準備できる人には便利に使用できます。デメリットはコストが高く配管・配線処理も複雑になる傾向がありますので、キッチンリフォーム時には大掛かりな工事になると考えられます。

まとめるとコストを抑えつつ収納効率を考えるのなら、I型がおすすめで、L・2列型は住宅全体の間取りによってはバランスを崩してしまいます。

アイランド型は大掛かりな工事になると考えられますから、なにかと費用がかさむでしょう。

水回りリフォームにおいてお勧めしたい方法

リフォームしたい場所を調査すると、必ずといって良いほど台所や浴室、洗面所など水回りが上位になります。

水回りは他の箇所に比べて使用頻度が高く、その分劣化が進みやすい点が理由の一つでしょう。また使い易さが重要で、子供が成長したり親が高齢になったりとライフスタイルの変化に応じて最適な環境にしたいと考えるものです。

そこで水回りリフォームの方法として、どのようなニーズが多いのか見ていきましょう。

水回りのリフォームを考えるきっかけとして、スペースが狭くなったとか、カビなどにより汚れが酷くなったとか、隙間風で寒いなどがあります。

こうした各戸ごとの理由が、リフォームの方法を選択するときに重要になります。したがって、現在どのような事情があるのか問題点を明確にし、それを施工業者に率直に伝えることから始めましょう。

水回りでリフォームの注文が多い箇所は主にキッチン、トイレ、風呂、洗面台です。それぞれにリフォームのやり方があり、キッチンであれば配置から全て変えることもあれば、単にキッチンだけを新しくするやり方もあります。

風呂であれば2点または3点ユニットバスにするのかセパレートタイプにするのかで違います。トイレや洗面台は設備だけを新しくする場合と空間の内装を一新する方法も考えられます。どれを選ぶかは、ライフスタイルに加えて予算が重要な要素になります。

リフォーム箇所が増えれば増えるだけ当然予算が掛かりますが、ここで少し考えて欲しいのは、本当に依頼を決めた箇所だけで良いのかということです。依頼箇所だけが新しくなると部屋全体の外観や利便性に差が出てバランスが悪くなります。

そこで後日異なる箇所のリフォームを再び依頼すれば、かえって費用がかさむ場合があります。その対策としては、リフォームが必要になりそうな箇所を予想し、まとめて依頼するのがおすすめです。

デザインについてみると、キッチンはリビングとダイニングが独立した型や同一空間にある型、その両方を兼ね備えた型があり、しかもシンクとコンロの配置によってI型やL型などがあります。加えて部屋のどこにキッチンを配置するか、向きなども重要な点です。

トイレはタンクの有無やウォシュレットの有無が重要ですし、洗面台は自由度が高いオーダータイプがあるので相談すると良いでしょう。

建物の構造や築年数等から制限はありますがリフォームは、予算さえ合えば自由にデザインを楽しめます。

工期は短いものでは1日で終わる工事もありますし、数週間必要な工事もあるので家庭の事情など計画は欠かせません。

また補助金や優遇制度がある場合は、積極的に利用しましょう。

リフォームの際に行っておきたい、資金計画の立て方

リフォームを自己資金で行うことを検討している場合の資金計画の立て方は、まず保険や貯金などの総ざらいをして、自分が持っているお金の金額を割り出すことから始めます。

そのときに重要なことは残しておく必要がある資金をちゃんと確保しておくということです。子育てをしている最中の家族であれば教育費をいくら確保しておく必要があるのかや老後の生活のためにいくら確保しておく必要があるかを充分に考慮しておく必要があります。

このような資金にきちんと目処を立てておくことによって、将来的に資金が不足してしまう心配をすることなく、安心できる状態で資金を投入することが可能になるのです。

自己資金だけではお金が足りなくなってしまうときは、ローンを利用することを検討する必要があります。

利用することが出来るローンとして挙げられるのは、大まかに分類するとリフォームローンと住宅ローンとなり、どちらから借り入れるのか選ぶことが必要です。住宅ローンは長期的に借り入れるのであれば低金利となり、借り入れ限度額が多いという特徴があります。

短期的に借り入れるのであれば高金利となりますが諸費用が安く借り入れやすいという特徴があるリフォームローンが最適です。他にクレジットカードを利用することも出来ます。

今後の暮らしや自己資金のことを考慮して、金融機関や当社などに相談しつつ検討するのが良い方法です。

そして、ローンでお金を借り入れるときに注意する必要があることは、借り入れることが出来る金額ではなく、いくら借り入れれば完済できるのかを慎重に資金計画を立てて借り入れ金額を決定することが重要になります。

毎月の老後資金や生活費、教育費を確保しておいて、その状態でいくらを返済に充てられるかを充分に考えた資金計画の立て方が求められるのです。

リフォームを行うと税金が還付される幾つかの制度が設けられています。所得税を控除出来たり、固定資産税を減額することが出来たり、贈与税を特例によって非課税にすることが出来たりするのです。

自己資金の用途によって利用できる制度が異なってくるため前もって知っておく必要があります。なおかつ、どの制度も適用されるためには一定の条件を満たす必要があることに注意が必要です。

そして税金を還付してもらうためには税務署に対して申告をすることが求められます。申告期限を過ぎてしまわないように要注意です。

現金かローンを活用してリフォームしたときには申告した、その年に払った所得税から工事費用の10パーセントに相当する金額が還付されます。

工務店とハウスメーカー、両者の違いを徹底比較

ハウスメーカーというのは世間一般で使われている言葉ですが、この言葉に正式な定義はありません。

従来は大手住宅メーカーの総称として使われていましたが、昨今では新興住宅メーカーが著名となってきたことで大手だけを指す言葉ではなくなっています。日本全国で幅広く展開している住宅会社のことをハウスメーカーと呼ぶのが一般的になりました。

工務店という言葉にもそれほど明白な定期があるわけではありません。主として戸建て住宅を請け負う建築専門の建設業者の中の1つのジャンルとして存在します。

では住宅を請け負う会社の中でどういった会社を工務店と呼ぶのかと言えば、それはなかなか難しいところです。一般的には地場産業として地域に根付いている業者のことを工務店と呼んでいるケースが多いとされます。

この2つの言葉はどちらも定義づけがされていないので、違いを解き明かすことも容易ではありません。ただ、一般的な認識としては主に2つの違いがあるとされています。

1つ目は事業展開規模の違いです。全国展開しているメーカーをハウスメーカーと呼んでいるケースが多くなっています。

これは大手の住宅メーカーの中には「ハウス」という言葉が付いていることが多く、そのメーカーがCMなどでも「ハウス」という呼び方を世間一般に広めたことが大きな理由とされます。

ただし、昨今では工務店も全国展開などを行うことが増えており、この違いはどんどん少なくなっていくと考えられます。

もう1つの違いは業務体系にあります。ハウスメーカーは全国規模で展開していることもあって、家づくりをある程度規格化していることが多くなっています。

つまり、そのメーカーの中で良いとされる家の作り方を実践し、それをお客さんに販売しているという体系がとられます。家の作り方がある種マニュアル化されていることで、低価格化や効率化が進められているケースが多いです。

一方で工務店では地域に根差した業務を行う中で、お客さんと間取りや外観などを決めていくスタイルがよくとられています。そのため、オーダーメイドで家を作っていくところに大きな強みがあります。

その形式上、少し価格はかさむこともありますが、お客さんの希望する家を柔軟に立てることが出来ます。ただ、この特徴に関してもお互いが自分の弱点を補うように業務を行っていることから、異なる点はますます減っていくと考えられます。

あくまで屋号的なものであって、メーカーごとの特徴を考慮することをおすすめします。自分の求める家を建てられるところを見つける必要があります。

注文住宅建築の成功を左右する、依頼する会社の選び方

注文住宅を建てる際、会社選びに失敗すると理想の住宅とは異なったということになります。それを防ぐためには、依頼する会社の選び方がとても重要となります。

失敗例を挙げますと、モデルハウスの雰囲気やメーカーの知名度で何となく決めてしまった場合、契約後により理想に合う会社が見つかったということがあります。

それを防ぐためには、まず住宅雑誌などで住宅メーカーの情報をしっかり入手する必要があります。住宅雑誌では各メーカーの商品情報などが掲載されており、工法やデザインの雰囲気などを確認することが出来ます。

また実際施工された方のレポートが掲載されていることも多く、かなり参考になります。そのためまずは住宅雑誌を見て、目に留まった会社へ資料請求等をされると良いでしょう。

次にカタログにしっかり目を通すことが挙げられます。カタログには商品カタログや総合カタログや技術カタログがありますが、住宅の外観や内装設備などは商品カタログや総合カタログを見ることでイメージが出来ます。

最近はどのような工法であれ耐震性、耐久性は心配のないレベルまで達しているのでそれほど問題ありません。しかしメーカーによっては独自の技術を駆使している所もあるので、耐震性や耐久性のレベルを上げたいのであれば、技術カタログを中心に読むことをおすすめします。

また、複数の見積り依頼をすることが大切となります。見積りをとると、プランや工期、そして金額などが具体的に分かります。

要望は同じでも会社に寄って見積り内容は様々で、複数の見積りを比較すると様々なメリットやデメリットが分かってくることがあります。

例えば全体的に費用が安い場合、使用する材料は大丈夫なのかと言った疑問点や、住宅設備は充実しているけど収納スペースや屋根裏部屋の設置など細かな希望は聞いてくれるのか、などのデメリットが見えてくるかもしれません。

反対に費用は高いけど保証もしっかりとしているから安心だ、と思えることもあります。そのため、相見積もりは必ず行うことが大切だと言えるでしょう。

最後になりますが担当の営業マンとしっかり話をすることが挙げられます。担当の営業マンにより、出来上がりは違ってくることがあります。

気になることは質問する必要がありますが、それに対して的確に返答がかえってくると、経験もある営業マンと言うことが分かります。

もしすぐに答えられない場合でも、後日きちんとした説明を受けることが出来るのであれば、誠意のある営業マンだと言えるので、安心して任せることが出来るでしょう。

以上のことを踏まえた上で選ぶと、注文住宅建築の成功に近づくと言えます。

キッチンをリフォームする前に考えてほしい!! 予算以内に抑える秘訣とは!!

キッチンをリフォームする際に多くの方が気にかけるのが予算内にリフォーム代金を抑えたいということではないでしょうか。

もちろん使い勝手の良いキッチンにしたいという目的を達成するためのリフォームですが、多くのケースでは予算があるのが実情です。

そのため、予算内で最大限に使い勝手の良いキッチンにリフォームする必要が出てきます。

それではキッチンのリフォームをするときに予算内に収めるために考えたい点とはどのようなことなのでしょうか。

まず初めにリフォームといっても全ての位置を好きなように変えられるわけではありません。

厳密には変えると予算をオーバーしてしまうこともあります。

キッチンのリフォームでは動かす位置を少し変えるだけでも値段が大きく変わるのが一般的です。

例えば水道の蛇口の場所を大きく移動したり、ガスコンロの場所を大きく変えたいといったケースでは大規模なリフォームが必要なケースがありますし、通常のシステムキッチンからアイランド型のキッチンにするために丸ごと移動することになると、アイランドキッチン専用の換気扇が必要になります。

キッチンのリフォームを予算内に収めるためには業者と相談することはとても重要です。

弊社でもリーズナブルで使い勝手の良いリフォームは大変得意としていますので、最大限に使いやすいキッチンでありながら不要な部分はコストカットするといった工事が可能です。

コストダウンは多方面から考えることでより精度の高い節約をすることが可能です。

例えばリフォームをする際にガスコンロからオール電化住宅にしていただくことで月々のガス料金はかからなくなりますし、深夜早朝のお得な電気料金でお湯を沸かすことができるようになります。

家中のエネルギーの全てを電気で賄えることから毎月の光熱費の節約が見込めます。

キッチンのリフォームを予算内に抑えることを考えると、一般的にはキッチン本体の価格や工事費ばかりに目が行きがちです。

もちろんそれはとても重要なポイントですが、例えば流用できる部分はそのまま生かして一部をリフォームしたり、配線や配管などもできるだけ生かしたまま位置を変えずにリフォームすることで、価格を抑えたリフォームが可能です。

弊社ではお得にIHクッキングヒーターを導入したりオール電化住宅へのリフォームも行っています。

最新のキッチンでなくても少し前のモデルのシステムキッチンを導入することでかなりのコストダウンが可能になるケースもありますので、予算内でリフォームしたいという方は、多角的な視点で検討することをおすすめします。

  • 住まいのことは何でもお気軽にご相談ください 電話番号:0847-51-3154
  • 無料お見積り
  • facebook