2018年06月

今すぐリフォームすべきキッチン!! 収納スペースを有効活用できるようにしましょう!!

住宅に住んでいると様々なものを利用しますが、水周りの中でもキッチンはとても重要な場所になります。

キッチンは、むかしに比べると使いやすく工夫されているのが特徴になりますが、必ずしもそこに住む人にとってベストな状態になっているとは限りません。

キッチンを利用する場合の悩みとして挙げられるのは、収納になります。

確かに、ひと昔前のタイプと比較すると収納は広くなり便利になっているのは事実ですが、必要なものがどこにあるかわからなくなることも少なくないでしょう。

この場合には、何がどこにあるかわかりやすい収納にすることが必要になるはずです。

必要なものを瞬時に見つけることができれば無駄に探し物をする必要はなくなり、料理をする時間を短縮できるだけでなくストレスがたまりにくくなるでしょう。

特に、主婦にとって料理を作る時間は非常に貴重で、これを短縮することができるだけで生活に張りが出るのは間違いありません。

また、子供に食器を出してもらう場合も、工夫したキッチンを利用することで逐一どこにお箸やお皿があるかを説明する手間が省けます。

子供も毎回食事の用意をするときに親から指図を受けずに済むため、積極的に手伝おうとするでしょう。

キッチンを使いやすくリフォームする場合の注意点は、あまり収納スペースの奥行きを深くしすぎないことが大事になります。

確かに、奥行きを深くすることでたくさんのものを収納することができるメリットがあります。

ですが、収納が広いのをいいことに必要のないキッチン道具まで衝動買いで購入しやすくなるためせっかくリフォームしても余計にものが増えて扱いにくいキッチンになる可能性があります。

リフォームするにしても、単に収納を大きくするのではなく、必要なものをすぐ手に取れるようにそれぞれの置き場所を決めた方がよいです。

片付けるときにも、それぞれの場所がわかりやすければ、片付ける時間を短縮することが可能です。

普段皿洗いをしない夫に片付けをまかせても迷うことはなくなります。

リフォームするメリットは、食器やフライパンなどを出し入れしやすくすることだけがメリットではありません。

あまり知られていませんが、収納スペースによって食費が大きく変わるかもしれません。

食器やフライパンなどの出し入れが迅速になることは、それだけ夕食の準備が終わるのも従来よりも早くなることを意味します。

すると、食事をする時間も早くすることができるため、子供にあげるおやつの量を減らすことができるわけです。

当然、その分だけお菓子にかけるお金も少なくなり、財布に優しいわけです。

今すぐリフォームすべきキッチン!! ゴミ箱のスペースを作りましょう!!

キッチンのリフォームというと、間取りやシンク・コンロなどに注目が行きがちですが、是非ゴミ箱のスペースにも目を向けましょう。

リフォームでよくある失敗に、ゴミ箱置き場は確保したけれど、生ゴミ用と資源物用の2個分程度しか確保しなかった為、面積不足になってキッチン以外の場所に設置しなければならなくなったという例があります。

もし、ゴミ箱を廊下に設置しなければならない場合、廊下が狭くなって歩きにくいなどの不便さが出てきてしまいます。

現在は、どこの地域でもゴミの分別化が進み、リサイクル活動が盛んになっています。

そのため、ゴミの種類によって一つ一つ分けなければならず、ゴミ箱用に広いスペースが必要となります。

キッチンをリフォームする際には、冷蔵庫や食器棚のスペースだけでなく、何種類ものゴミ箱を設置できる広いスペースも確保するようにしましょう。

飲料水やビール・生鮮食品などを購入すると、ペットボトルやプラスチックトレー・空き缶などのゴミがたくさん出ますが、これらは中の水気をきちんと切ってからゴミとして出さなければならない自治体も多いです。

しかし、キッチンにリサイクルゴミを乾かすスペースが無いと、シンク周りがリサイクルゴミだらけになってしまいます。

実際に、こうしたプラスチックゴミを洗った後に乾かすスペースが無いと困っているという声も多く聞かれます。

そのため、キッチンリフォームでは濡れたごみを干せるような工夫も盛り込むようにしましょう。

例えば、プラスチックゴミを乾かせる水切りラック置き場や、洗った後に吊るし干しができるプラスチックゴミ専用の洗濯ハンガー設置場所などです。

明るいキッチンが良いと思い、大きな窓を設置したいと考える方もいるでしょう。

この時、ゴミ箱のスペースに窓を設置すると、夏場の暑い時期には生ゴミからすぐに悪臭が漂うことになります。

特に西側にゴミ箱スペースを作り、その上に大きな窓を設置すると西日が当たることになり、ゴミ箱周辺の温度が上がってしまいます。

キッチンは、リビングに設置したエアコンからも距離が遠い場合が多く、温度上昇を抑えるのが特に難しい場所でもあります。

熱がこもってしまうと、生ゴミはすぐに悪臭を放つようになります。

これではダイニングやリビングにも悪臭が漂う可能性がある為、他の部屋以上に風通しや日当たりなどに気を配り、快適な空間を作るよう配慮するようにしましょう。

特に南や西向きのキッチンの場合には、なるべく日差しを遮るようにして悪臭がこもらないよう風通しを良くするように心がけましょう。

今すぐリフォームすべきキッチン!! 窓の位置を変えましょう!!

キッチンをリフォームする際に悩むものの一つに窓が挙げられます。

家によってはキッチンに窓があるところとないところがありますが、キッチンの窓の役割や必要性を知ることにより、リフォームするときだけではなくその後の有効活用という意味でもきっと役に立ちます。

キッチンの窓の必要性として、まず第一に日光を取り入れるためということが挙げられます。

リビングやダイニングなどと独立しているキッチンの場合には、キッチンだけが暗くなってしまうこともあります。

夜であれば電気の明かりで十分かもしれませんが、昼間ならできる限り外の明かりを取り込んだ方が自然な明るさになることでしょう。

また、節電の意味でもメリットは大きくなります。

そしてキッチンは料理をするところであるため、光を取りこむことで料理や食材の見栄えをよくすることにもつながります。

しかし、あまりにもキッチンに太陽の光を多く取り込んでしまうと、香辛料などの調味料が日光で傷んでしまうことも考えられます。

特に窓が西向きだと夏に食材が腐りやすくなることもあります。

ただ、これらは収納場所を考えたり工夫することによって解決に導くことができるでしょう。

日差しが強い場合には、開閉式のブラインドを取り付けるなどもお薦めの方法です。

そして換気も大きな役割を果たしているといえるでしょう。

料理をするキッチンは様々なにおいがこもりがちで、火を使えば熱もこもることになります。

当然のことながらキッチンには換気扇が付いていますが、換気扇では取り去ることができないにおいも、外の空気を取り入れることにより取り去ることが可能です。

入ってくる空気がなければ出ていく空気も生まれないので、換気扇を使っている場合でも窓を開けるのが一般的です。

また、キッチンが独立している場合、キッチンはエアコンから遠いためリビングなどのエアコンの冷気が届かず、夏場に長時間キッチンに立っていると熱中症になって倒れてしまう可能性も高くなるでしょう。

キッチンに窓を取り付けることにより外の風を取り込むことができ、熱中症のリスクも軽減することができます。

また窓を設置することにより、実際の広さは変わらなくても、窓があって外が見えるだけでも狭い印象が改善されるものです。

どんな家でもできる限りキッチンは広々としたスペースを取りたいところですが、ある程度外が見えた方がモダンな印象を与えることもできます。

このように窓の位置を考える際には、風通しや日当たりをよく考えるとともに、デザイン性も重視しながら窓の位置を考えていくとよいでしょう。

今すぐリフォームすべきキッチン!! サービスカウンターの素材を変えましょう!!

キッチンはただ食事をつくるというだけでなく、そこで調理をする人にとって大切な居場所です。

ですから、優れた機能とデザイン性を実現することが求められます。

とはいえ、キッチン周りの設備というのは、定期的に新しいものが出てきますし、料理をすると調味料や食材などで汚れてしまうために掃除をしても元通りになりくい面もあります。

ですからキッチンをリフォームをするときには使いやすく耐久性の高いものにすれば、何年経過しても居心地の良い場所に仕上げて満足できるはずです。

キッチンのリフォームではいろいろとこだわるポイントがありますが、そのひとつがサービスカウンターです。

対面キッチンの場合、出来上がった料理を置くための、一時置きスペースとしてよく使われる使われる場所で活用している人も少なくありません。

ですが、ここは素材によっては数年で変色してしまうので、リビングから見た時キッチンが汚れているような印象になってしまいます。

でははどのような素材が良いのかというと、大事なのはシンクやコンロが近いことから水や熱に強い素材にすることです。

耐久性があり、掃除も楽な素材としてはステンレスがあります。ただ銀色に輝くステンレスの場合、冷たい金属のイメージを与えてしまい部屋の雰囲気を壊してしまうこともあります。

耐久性に優れていて、温かみを持たせたいのであれば人工大理石が候補となります。

ただし、人工大理石を使うと確かに短期的には水や熱に強く多様なデザインにも対応することが出来ますが、長年使い続けていくうちに細かい傷が目立ったり変色してしまうので理想的な素材とはいいがたいです。

石のサービスカウンターで御影石を使うこともありますが構造的に水が染み込みやすいという欠点があります。

木材も温もりを持たせることが出来る素材ではありますが、加工をしても水や熱に強い素材とはいいがたいところがあります。

無垢材ではなく集成材をつかったときには、ある程度の耐久性は望めますがやはり長くサービスカウンターとして使いたいのであれば難点があるでしょう。

こういったことを踏まえると、見た目の冷たさがあるものの、やはり長期的に使うのであればステンレスにしておけば使う続けることが出来るといえます。

最近ではエンボス加工で、表面を滑らかな状態ではなく無数の凹凸が見える状態にしておくことでまるで模様のようにするやり方が増えてきています。

エンボス加工のステンレスは汚れが付きにくいし傷がついても目立ちにくいという特徴もありデザインだけでなく機能性も向上します。

今すぐリフォームすべきキッチン!! 床材を変えましょう!!

キッチンをリフォームする際には床材を変える必要があります。

使用している床材がタイルだと床が滑ってしまうので、注意が必要です。

タイルは見た目が良いので、人気の物になりますがデザインよりも安全重視を物を選ぶようにしましょう。

デザインだけを重視してしまうと実際に滑ってしまうと大変危険です。

特に装飾品が多く、滑りやすい物は控えるようにしましょう。

他にもキッチンで利用するキッチンマットも滑り止めが付いている物を利用することが一番になります。

床材が滑りにくいものを使用してもキッチンマットが滑ってしまっては意味がありません。キッチンマットも滑り止めが付いている物を使うことで、安心して料理をする事が可能です。

またキッチンをリフォームする際はリフォームを頼む会社にどの様な床材があるのか確認するようにして下さい。

デザインよりも安全重視した床材を多く取り扱いしているリフォーム会社を選ぶことが大切です。

キッチンは調理をする場所になる為、床が滑りやすいと大きな怪我をしてしまう可能性もあるので、必ずデザインよりも安全重視した物を選びましょう。

調理中は足元にまで気が回らない事が多く、タイルだと床が滑ってしまう事も多くなります。

タイルは汚れが落ちやすく手入れもし易いですが、安全性を考えると他の床材にリフォームする事をお勧め致します。

滑りにくい床材にリフォームする事ができれば、調理中でも安心する事ができますし、子供がキッチンに入ってきても困ることもありません。

小さなお子様なら滑りやすい床だと怪我をする事もありますが、デザインよりも安全重視した床材を利用することで、小さなお子様がキッチンに入っても安心です。

更にキッチンマットも滑り止めが付いている物を利用する事で、安全性が増す為、滑る事を気にすることが無くなります。

包丁などの刃物を取り扱いしている場合、床が不安定だと危険を感じる事もありますが、キッチンマットも滑り止めが付いている物を利用して、デザインよりも安全重視した床材なら包丁などを取り扱いしている時でも調理に集中して取り組む事が出来るので安心です。

お友達を呼んで一緒にキッチンに立つ時でも床を気にする必要がなくなるので、お友達が怪我をする心配もなく、一緒に料理を楽しむ事ができます。

床に安心感があるとキッチンに立つのが楽しくなり、料理を自分の趣味の一つにする事が可能です。

長時間かけて料理をする場合には集中力が途切れてしまい、不安定な床の場合は滑って転けそうになる心配もありますが、床材がしっかりしていると滑ることもなく、支えてくれます。

今すぐリフォームすべきキッチン!!冷蔵庫を買い替えられるようにしましょう!!

賃貸物件に住んでいると、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電が思うように収納できないなんてことがあります。

家に合わせて家電を揃えるか、それとも家電に合わせて家を借りるかは個人の自由ではありますが、些細な事ながらも意識しなくてはいけない大切なポイントです。

しかし、マイホームの場合は持っている家電に合わせて設計することができるので、ピッタリとはまるので気分が良いですよね。

キッチンは女性にとって大切な場所です。

毎日の食事を作る場所ですから利便性の良いスペースでなければいけません。

ただ、冷蔵庫の置くスペースに悩まされている女性も多く、リフォームを考えるようです。

その理由は、冷蔵庫によってはドアの開閉が異なるということ。

冷蔵庫のドアは左右どちらかに開閉するタイプか、観音開きタイプに分かれます。

観音開きタイプであればどこでも問題なく開閉することができますが、左右どちらかしか開かないタイプであれば、場合によって不便に感じてしまうのです。

 

また、冷蔵庫のサイズは様々なこともあり、リフォームする際には買い替えを頭に入れたキッチンにすることが大切なのです。

家電の寿命は10年と言われていますので、買い替えを意識してリフォームしておくと安心です。

冷蔵庫周りには特に余裕を持たせることで、サイズが異なった場合でも対応できますし、ドアの開き方も気になりません。

家電はいきなり壊れることが多く、冷蔵庫や洗濯機など日常で無くてはならない家電は早急に買いに行く方も多いと思います。

そのような時に失敗しない為にも、冷蔵庫周りには余裕を持たせておくことが必要です。

キッチンのリフォームと聞けばまず一番に想像できるのが、シンク部分のリフォームです。

シンクや収納などにこだわってリフォームしても、冷蔵庫をうまく収納できなければ利便性が悪くなってしまいます。

余裕のあるキッチンスペースを作り出す為にも、キッチン全体を見渡してみてください。

女性にとって一日の多くの時間滞在することになるであろうキッチンを居心地の良い物へと変化させる為のリフォームですから、不便に感じてしまうのは勿体ありません。

 

冷蔵庫は家電の中でも大きなものです。

最近では省エネが当たり前ですし、冷蔵や冷凍だけではなく保温が出来るシステムまで導入されています。

家電は古くなると電気代が嵩む原因になってきますので定期的な買い替えが望ましいと言われているのです。

気に入ったものを見つけてもサイズが対応できないと諦めることなく買えるように、リフォームは計画的に行っていきましょう。

今すぐリフォームすべきキッチン!! 調理スペースを確保しましょう!!

野菜を切ったり、料理を盛り付けたりする調理スペースが狭いと料理が嫌になってしまうこともあります。

料理できる場所をしっかりと確保し、スムーズな料理が行えると作業面や安全面にも繋がり快適に料理ができるようになります。

そのためにはシンクとコンロの間の幅に45cm以上の余裕が必要です。

しかし、コンパクトなものや一昔のものだと十分な余裕が取れていないことも多いのです。

リフォームで調理スペースを確保するためには全体の横幅をさらに取る必要がありますが、間取りの状況によっては拡張できない場合も考えられます。

そのような場合には横ではなく縦に拡張して対面式のカウンターや、リビングの面積を少し削って調整することも可能です。

広々とした調理スペースを得ることができますので、夫婦で同時に調理を楽しんでも邪魔になりません。

もともとのキッチンが狭く、リビングも活用できない場合にもいくつか調理スペースを確保する手段はあります。

シンクやキッチンとは別に調理スペースを島のように独立させる「アイランド式」です。

本来の背面キッチンはそのままにして調理台を別に用意することでそれぞれの役割を分担し、有効に活用できる場所を広げます。

また「A型キッチン」という方法もあります。

これは部屋の角をうまく活用したレイアウトで、背面キッチンと直角になる箇所に調理台を設置することで狭い間取りでも最大限に活かすことができるのです。


キッチンを拡張する目的は調理スペースを広げるだけでなく、シンクやコンロとの関係性も考慮しなければいけません。

シンクとコンロの感覚には45cm以上の余裕が必要なことは前述しましたが、家族の人数が増えたり、食べ盛りの時期になったりするとシンクの広さも重要になります。

コンロも同じく、大きな鍋や並行して調理を行うことができるようになるべく場所を取りたいはずです。

ただし、前提条件には45cm以上の調理スペースの確保が望ましいため、まずはそれを基準にすると良いでしょう。

リフォームを考える際にはコンロやシンクを大きくしすぎないことがポイントです。

あまりに大きくしてしまうと、実際に料理を行う際にシンクの上にまな板を渡して作業することになったり、ガタガタとした不安定な状況で包丁を使用することになったり大変危険です。

料理をするたびにこのような思いをしてしまうとストレスが溜まってしまいます。

楽しく料理を行うためには効率よく調理したり、食材を並べたり、気軽に食器洗いができたりと様々なバランスが必要となります。

リフォームでも可能な範囲は限られますが、できる限りの要点は押さえておきましょう。

キッチンリフォームは悪徳業者に注意しよう

キッチンは炊事などで水を使ったり、調理のための火を使ったりする場所で、家庭でも毎日の食事を用意する重要なスペースです。

毎日の様に使用される場所でもあるため、もっと使い心地の良い物にしたい、新しくして毎日の調理を楽しみたいケースでは、キッチンリフォームを行うことで生まれ変わらせることができます。

キッチンリフォームでは最新の家電を備え付けたり、収納棚の確保や蛇口・給湯などの最新のシステムを導入することが出来たりします。

さらに調理をしやすくする器具などを備えることができるとして、調理の手間を省けるなどの使い勝手の向上を図ることができます。

もっともキッチンリフォームを行うきっかけは汚れが目立ってきた、使い勝手が悪くなってきたなどを理由とすることも多く、他にも訪問販売員が訪れて提案されるケースもあります。

キッチンリフォームは工事の仕方によっては、高額な費用が掛かるケースも多く、簡単には施工して貰うことができない点があります。

ただキッチンリフォームの需要は住宅に暮らしている以上、必ず存在するため、その需要に付け込んで訪問販売が広く行われることも多いのも事実です。訪問販売はいきなり住宅のインターフォンを鳴らして、リフォーム会社の社員が営業に訪れ、そこで面談する形で営業が行われます。

訪問販売では営業社員にノルマが課せられていることが多く、早く契約が取りたいため無理や強行に契約を迫る場合が多い実態があります。

しかも金額の相場も高い、また工事もずさんに行われるケースがあるなどの理由で、後でトラブルになることも多く、できれば訪問販売はやめておくことは無難です。

もっともキッチンリフォームを行うケースでは、それを取り扱っている専門店に直接的に伺い、そこで実際に従業員と話す流れで契約を行うのがベストとなります。

その理由としては、従業員の話を聞くことで、そのキッチンリフォームの最適な工事のあり方と料金体系を知ることができ様々な点から検討を行うことができるからです。

実際に従業員と話すことで、納得のいくまで質問をすることが出来たり、工事後などにトラブルもなく安心して任すことができるかどうかも判断できます。

他にもキッチンリフォーム会社を選択する上では、ネットで評価を調べると良いのも確かです。

現在はネットで評価を調べることが行いやすい時代になっていますので、契約をする前には参考にして、実際に利用してみた人の意見を知っておくのに使うこともできます。

もちろんキッチンリフォーム会社をネットで探すことも可能ですが、悪徳なリフォーム会社も一部に存在しますので、注意することもポイントです。

  • 住まいのことは何でもお気軽にご相談ください 電話番号:0847-51-3154
  • 無料お見積り
  • facebook