2017年04月

ガレージの魅力について

ビルトインガレージとは戸建住宅などで建物の内部に駐車スペースを確保した住宅の総称です。
一般的なタイプとしては住宅の1階部分に設置される場合が多く、1階部分のほぼ全ての空間あるいは一部の空間に設置するケースがほとんどです。
このタイプのガレージには様々な魅力やメリットが挙げられます。


まず、住宅地が狭くても、空間を効率よく使えるという点です。
家を建てる場合にビルトインガレージにすれば、その床面積の1/5までは容積率から引いてよいというルールがあります。
よってガレージを確保しながら、宅地を有効に活用できるというメリットがあり、特に都心の地価の高いエリアにある狭小地などでは重宝します。
当然ながら他所に駐車場を借りる必要がありませんので、駐車場代が浮きます。
ですから都心の月極駐車場の賃料が高いようなエリアで家を建てる場合にはこのタイプのガレージが人気です。


また、ビルトインガレージは建物内に設置できるので大切な愛車を盗難やいたずらを未然に防ぐことができ、安全です。
もちろん建物内ですので風雨から愛車を守ってくれ、愛車にやさしい環境を作ってくれます。
しかも車だけではなく、オートバイや大切な工具、趣味のサーフボードや釣り道具といったものまで直接人目にさらすことなく、安心して入れておけるスペース確保に打ってつけです。
このガレージにドアをつけて玄関や廊下、部屋などの居住空間とつなげることで、雨の日に買い物にいっても雨に濡れずに車の中の物を家の中に運ぶこともできます。
重い荷物がたくさんあるとガレージが家から離れていると持ち運びが大変ですが、ビルトインガレージにすれば移動距離が最短で済むのでとても楽です。


ガレージは上記のような実用面だけでなく、趣味のフロアとしても車を鑑賞できる空間として魅力があります。
リフトなどを設置してガレージ内で愛車のメンテナンスや本格的なレストアなども可能になります。
さらに少し大きめにガレージを作ったり、土間風の空間を併設して椅子やテーブルをおけば友人との車談義も楽しめる空間になります。
部屋の中から愛車が眺められるように大きなガラスをガレージとの仕切りとして設置すれば、愛車がちょっとしたオブジェのようになり、いつも愛車といっしょにいられるような感覚がするでしょう。


ビルトインガレージは人気のオーバースライドシャッターを使用できるので、家の外観をとてもシンプルでスッキリとさせることができます。
また、このタイプのシャッターは一般的な巻き上げ式シャッターに比べると作動音がとても静かですので、住宅密集地でも近所に気兼ねなく早朝のシャッター開閉を行うことができます。

二世帯住宅のメリットについて

最近は、二世帯住宅を親子で一緒に建てて、住み分けをするのが流行っていることを、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
少し前までは、マイホームを取得して居住するのは、核家族といわれる、父、母、子どもたちの集まりでしたし、今でもそのような核家族化は進んでいるといえるでしょう。

しかし、一方では、二世帯住宅を建築することも増えており、人気も高く、親と子世帯がそれぞれの場所に居住することを望む人たちも増えているのです。
親世帯と、子世帯では、年齢も生活習慣も隔たりが大きいため、生活や活動の時間帯が違いますから、昔のように一件の家に一緒に住んで生活をするのは、難しいのが現実です。

しかも、お互いに気を遣って生活することを窮屈だと感じたり、あまり干渉されたくないと考える向きも多いでしょう。
それでは、なぜ今、二世帯住宅が人気となって、理想的な住まい方だと考えられるようになったのでしょうか。
それは、現代社会において、二世帯住宅を建てて住み分けることが、親と子の両方にメリットが大きいと考えられるようになったからだといえます。

たとえば、子世帯から見れば、まだ収入の少ない若い頃に、親が住んでいた持ち家など取り壊し、二世帯住宅に建て替えれば、土地代金を支払う必要がありませんから、経済的負担の軽減となります。
また、夫婦共稼ぎで子供が生まれた場合でも、親世帯からの手助けを確保することが出来るので、保育所などの心配をせずに、安心して子育てがしやすい環境となります。

そして、親世帯から見れば、年を取った夫婦だけではなく、若夫婦が壁一つ向こうの近くにいれば、力仕事などを代わってもらえたり、何かと心強いと感じることでしょう。
そのうえ、親が高齢者となったときにも、離れて住んでいると大変ですが、同じ建物の中にいるのであれば、介護がしやすいと考えられます。
このように、親と子、両方の世帯に大きなメリットがあると考えられるのが、二世帯住宅の特性だというわけなのです。

同一の建物に住んでいるけれど、住み分けをしているので、過干渉にならず、適当な距離も保てますし、一緒に家族のイベントを過ごすことも出来ます。
お互いの家庭と家族の運営を大切にしながら、親子双方が相手世帯が困っていることを手伝うことが可能です。
このようにさまざまな利点を活かして生活することが出来るのが、今人気が高まっている二世帯住宅を建てる、とても大きなメリットだといえるのです。

徹底比較!駅から近い家と遠い家の魅力について

住宅を購入する場合でも賃貸の場合でも物件の位置に悩まされることになります。
駅から近い家と遠い家にはそれぞれどのような魅力が隠されているのかいくつか検討してみましょう。
まずは駅から近い家です。

1、駅から近い為に交通が便利
2、新しい住宅やリフォームされた住宅が多い
3、家賃が高い
4、繁華街に近い為深夜が騒がしい
次に遠い家について検討してみましょう。

5、商業施設が多い
6、物価が安い
7、住環境が静か
8、家賃が安い

それぞれを具体的に考えていきます。

1、駅から近い物件は交通の便が良いことが最大の利点です。
朝出勤時に慌てて飛び出したとしても電車に乗ることができます。
電車に乗り遅れる心配がなく、遅刻するリスクを大幅に軽減ができます。

2、デザイナーズマンションや洋風の住宅など見た目が良く、新しい物件が多く点在しています。
賃貸で一時的に居住する場合でも新しい住宅の方が友達を招きやすく、新しい住宅であるという優越感に浸ることができます。

3、便利な住宅は誰もが欲しい、住みたいと感じるものです。
価格が他の地域と比べて高額に設定されています。
需要と供給のバランスにより価格が決められることもあり、ある程度の資金を用意しておかなければなりません。

4、繁華街が近い場所に位置している場合は深夜でも飲食店が営業している為、多少騒がしいという欠点があります。
人通りが多い為に犯罪に巻き込まれるリスクは軽減させることができます。
何を重点に置くかで選択すると良いです。


5、郊外には大型の商業施設が多くあります。
欲しいと思う物を気軽に手に入れることができます。
都心部に出店している店舗も多くテナントとして入居している為に非常に便利に活用ができます。

6、物価が安いことも住みやすい環境になる要因です。
生鮮食料品が安くなければ日々お金の計算に追われることになります。
郊外の住宅はメリットが多いのです。

7、閑静な住宅街が広がっており、深夜も安心して睡眠をとることができます。
深夜は人通りが少なくなってしまう為出歩く場合には多少の警戒心をもたなければならないというデメリットでもあります。

8、郊外では家賃や住宅購入費が安いのが特徴です。
これから住宅を購入しようとしている場合や初めて入居する場合など資金面に悩まされることがありません。
庭付き一戸建てや広いマンションに住むことも可能です。
ただし、遅刻する可能性が高い人は考え直した方が良いと思います。

太陽光発電の魅力について

太陽光発電を導入するメリットはなんでしょうか。


一番大きいメリットは、災害時でも電力を賄えるという点に尽きます。


現代の生活には電力が不可欠です。

食事の準備はカセットコンロを使えば良いかもしれませんが、冷蔵庫、洗濯機、携帯電話の充電、そして災害情報を手に入れるためのテレビの視聴は、電気なしでは行えません。


このような場合でも、ソーラーパネルを設置し、できれば家庭用蓄電池も備えておくことで、災害時に電力が途絶えた場合でも安心した生活を行うことができます。


では、一般的なメリットとしてどのようなことが考えられるでしょうか。

それは、自宅で太陽光発電を行うことによって、電気代の節約を行えることです。

通常の家庭であれば、自宅で使う分の電力を充分に賄えるだけのソーラーパネルを設置することが可能です。

エコに貢献しているという意識も出てくることでしょう。


それどころか、余った電力は「売電」という形で電力会社に売ることも可能です。

自宅が簡易的な発電所になったイメージでしょうか。


当然、売電した電力はその電力量に応じて支払われます。


実際は、天候が悪い日に電力会社から購入した電力と相殺(そうさい)することになるので必ずしもプラスになるとは限りませんが、それでも確実に電気代を安くすることが可能です。


ソーラーパネルの面積、設置場所に置ける光量、設置方向や電力会社の買取金額など、様々な要件が絡むので、どの程度電気料金が安くなるのか、また初期費用やそれを回収するまでの期間については一概には言えません。


しかし、一般的にソーラーパネルを設置することによる利回りは、一般的には5%と言われています。

つまり、ソーラーパネルを設置するための資金や、電力不足時の購入電力を考えたとしても、太陽光発電を取り入れることによって生まれる余裕資金は年5%の投資に相当するということです。


このように、太陽光発電を導入する魅力というのは様々ですし、ここに書いただけのメリット以上に得られるものがあります。

ただし、ソーラーパネルを設置するためには、建物そのものの強度計算や、先ほども触れた先行投資額と回収見込み率など、専門家に相談すべき内容はたくさんあります。


もちろん、太陽光発電を設置できるのは新築物件だけには限りません。
既存の家屋等にも設置することが可能です。


太陽光発電の魅力を感じた方は、ぜひ専門知識の豊富な工務店などに相談することをお勧めします。

庭があるお家のメリット・デメリット

庭があるお家はメリットがたくさんあります。
ないよりもあった方がいいに決まっているというくらい、楽しみや実用的なことも多いのです。
何よりも多目的に使えるということがあります。

スペースがあるわけですから、おじいさんと孫がキャッチボールやバトミントンで楽しくコミュニケーションすることもできます。
夏には、花火もお隣に迷惑を掛けない程度であれば、打ち上げることだってできるわけです。

その他にお庭で、BBQを大勢で楽しむこともできますし、場合によれは、町が主催する花火大会をお庭で身ながら、ビールパーティを開くこともできるわけです。

さすがにカラオケ大会は、近所迷惑ということもあるのでしょうが、広い敷地であれば、お家の中で大きな声を上げても問題がないということにもなるわけです。

そして、ある程度年配になれば、ガーデニングを楽しむということだってできます。
花を一年中咲かせて、時にはご夫婦でワインを楽しみながら花を愛でるということも夢ではありません。

また、家庭菜園という素晴らしいことも可能です。
少し手入れをして、苦土石灰で土を中和し、堆肥を施し、それなりの耕しや肥料を与えさえすれば、トウモロコシも実りますし、枝豆、ソラマメなどの収穫も可能です。
冬にはダイコンや水菜なども豊富に育ちます。
夏には、スイカやカボチャを楽しむこともできます。

そして、果実の成る木などを育て、実りの秋を楽しむこともできます、地方にもよりますが、柿や蜜柑、イチジク、プラム、栗など様々なフルーツの収穫も、親子三代とか、隣近所で楽しむ機会も増えます。
交流という点でも素晴らしい収穫になります。

ということでメリットは沢山ですが、実はデメリットも承知しておく必要があります。

最大のポイントは、手入れが大変だということです。
放っておけば、樹木はどんどん伸びてしまいます。
ある程度剪定しなければ、外灯などの妨げにもなります。
広葉樹は秋になれば枯れ葉を落とします、場合によると、ご近所にまで侵入するくらい沢山の落ち葉で悩まされます。
だから、手入れがどうしても必要になります。
植木やさんに頼んだり、安く上げようとしても地域のシルバーセンターなどに頼んで、然るべき処置が必要になります。

また、いやでも雑草が容赦なく生えてきます。
これも定期的に処置が必要です。
そして、蚊が発生するので、この対策も大変です。

というわけで、庭の大きさにもよりますが、メリットデメリットをを意識して、楽しみとそのための手間暇をキチンと承知して、対応することが肝要ということになります。

引越しの際の注意点

引越しの際に気をつけておきたいことといえば、何と言っても近隣への配慮です。
これから新しい土地で生活をしていくことになるわけですが、そうすると少なからず生活環境というものが変わってくることがあります。

これは、自分たちだけではありません。
新しい人たちが引越してきて生活を始めることで、周りに住んでいる人たちの生活環境にも変化が出ます。
ですから、迷惑をかけないように生活していくことが大切と言えます。

なお、新築で家を建てる場合には、業者が出入りをして建築作業を行いますから、引越しをして住み始める前から、すでに生活している人たちは生活環境に変化が出ることになります。
つまり、住み始める前から迷惑をかけてしまっているわけです。

こういったこともありますから、新しい地域へ引越しをする際には、挨拶まわりといったものをしっかりと行っておくことが大切と言えます。

家を建てる前には、ある程度日数に余裕を持って、事前にご挨拶に伺うといった立ち回り方をすることが大切です。
何の知らせもなく、いきなり工事が開始されては驚かせてしまうことになります。

なお、工事が終わって家を完成して、引越しをする時にも挨拶まわりというのが必要になってくるものですが、この時も日数に余裕を持って行動したいものです。

タイミング良く会えないにしても、引越してから何十日も経ってから挨拶に行くのは非常識ですから、なるべく早めに行くことが大切です。

ちなみに、挨拶まわりに行く時には、手土産を持っていくのが常識です。
迷惑をかけてしまうことを申し訳なく思う気持ちを伝えながら挨拶まわりをするのはもちろんですが、手ぶらでは気持ちの伝わり方が不十分になってしまうものです。

ですから、必ず手土産を持っていきますが、高価な物を持っていく必要はありません。
ただし、あまり安すぎると逆に印象が悪くなりますから、金額設定は注意が必要です。

一般的に500円から1000円ぐらいが、引越しの際の手土産では、適切な金額と言われています。
一戸建ての場合ですと挨拶まわりをする範囲が結構広く、まわる家が多くなりますから、結構な出費になることもありますが、人間関係というのは出だしが肝心です。
ですから、ここはケチらず失礼のない形で手土産を渡すことが大切です。

ちなみに、手土産の内容ですが、生活の中で必ず使う日用品や日持ちするお菓子などを持っていくと良いものです。
こういった物を選べば、きちんと考えて選んだことが伝わって好印象になるものです。

トイレをリフォームするメリット・デメリット

古くなったトイレだけをリフォームしたいという方はいらっしゃいませんか。
家そのものを建て替えるのではなく、床を張り替えたり、一部屋だけ綺麗にリフォームをするということは決して珍しいことではありません。

特にお風呂やトイレ、キッチンは水を使う場所ということもあり、家の中でも汚れやすく傷みやすい場所であるといえます。
汚れや傷みが気になる、実際にトラブルが出ているというのなら思い切ってリフォームに踏み切るのもいいですね。

トイレなどは家族全員が使う場所ですから、優先的に問題解決に踏み切ると安心かもしれません。
トイレをリフォームすることによって大きなメリットがあるのです。

トイレをリフォームすることのメリットとしては、第一に消臭が見込めるということです。
トイレが古いとやはり悪臭に繋がりやすいと言えます。

綺麗に掃除するように努めていても、経年による臭いの発生を完全に防ぐころは難しいです。
古い便器や排水管を取り替え床や壁を綺麗にすれば消臭効果を見込むことができます。

メリットの第二に、節水効果が見込めること。

古いトイレは排水管や便器のトラブルによりつまることがある他、水漏れが発生することもあります。
古いからといって必ずこういったことが起こるわけではないですが、新しいトイレよりもやはり古いトイレの方がトラブルは起こりやすいと言えます。
トイレをリフォームすることにより配置や室内の広さ、機器を見直し将来的なトラブルを防ぐ効果も期待できます。
また、昔のトイレより新しい方のトイレの方が節水に力を入れていることが多いため、トラブルによる水の無駄も、水洗による水の無駄も防止する効果が期待できます。

第三のメリットに掃除しやすいトイレになるというものがあります。
古いトイレより新しいトイレの方が経年による汚れがありませんから、掃除に必要な時間の短縮が期待できます。
今まで汚れを時間をかけて落としていたのに、簡単な拭き掃除で済ませることができれば確かに掃除の時間は大幅に短縮できますね。

トイレのリフォームにはこういったメリットがあります。
しかし、同時にデメリットもあります。

最たるデメリットは、高い費用が必要になるという点です。
トイレをリフォームする場合は、床から壁、水回り、便器などを綺麗に取り替えトイレ内部の広さや配置も見直すことになります。
当然ですが相応に費用がかかります。
ですが、トイレのリフォームによって大きなメリットも見込めます。
信頼できる業者に相談してみるのがいいでしょう。

  • 住まいのことは何でもお気軽にご相談ください 電話番号:0847-51-3154
  • 無料お見積り
  • facebook