2016年10月

土地を選ぶポイント~part3~

マイホームを建てる際に、最初に選ぶ必要があるのは土地です。

建物の設計に先決して、建てる土地が決まっていないと計画を進めることはできませんので、まずは土地を探し、住む土地を決定するということを行いましょう。

土地を探し、選ぶにあたってのポイントというのはいくつかありますが、家族と住んでいる場合は、家族全員が最も優先することを知るためにも、家族全員で話し合い、条件を書き出してみましょう。そして書き出した条件に優先順位をつけ、どういった土地を探すのかを明確にしましょう。

条件やこだわりを決めずに広範囲に設定すると、気に入る土地や好みの土地に巡り合えるチャンスは増えますが、家族にとって住みやすい土地ではない場合がありますし、現状と将来の生活スタイルの変化などに対応できる立地でない場合もあります。

特に、交通の便が発達していないような場所ですと、毎日の会社への通勤や学校への通学が非常に不便ですし、こうなってしまうと、仕事や学業へ支障がでる可能性が高まり、お弁当を作る母親の生活リズムも左右されてしまいます。
また、自転車や、車で遠い駅まで通わないといけなくなってしまうと、車や自転車が故障した場合に通う手段がなくなってしまいます。
さらに、将来的に子どもに継がずに住宅を売却するというケースもありますが、交通の便が悪い土地は価値も低く評価されてしまいがちです。

立地に関する条件をクリアした場合には、周りの家との距離や敷地の形状、日当たりの角度などに着目すると良いでしょう。

隣家との距離が近い建物では音に関する問題や、視線などのプライバシーに関する問題が発生しますし、お互いのストレスになることもあり、トラブルになる可能性が高まります。

敷地の形状は角地における間口の狭さや、イメージしていた建物が建てられないなどのデメリットが生じる可能性もあるため、建築会社との打ち合わせが不可欠です。

また近隣の雰囲気が、ご自身の家族の生活に相応しいものかどうかについても確認しておきたいものです。

住む土地と自分達が求めている条件とが合わなかった場合は、上記のような問題が住んでいる間中、常に続くことになります。
ですので、生活していく中でこのような不便な思いをしないためにも、土地選びをする際には家族と話し合って条件を明確にし、将来的なことも視野に入れた上で慎重に選ぶようにしましょう。
そして、条件の揃った素敵な土地を手に入れた際には、ぜひ注文住宅をご検討ください。

土地を選ぶポイント~part2~

注文住宅で家を建てる時に大事なことと言えば、何と言っても土地選びですが、良い土地を選び出すためには、優先順位を決めて探すことが大切であると言えます。

土地を選ぶ際に重視するポイントというのは、静かさであったり、便利さであったり、安全さであったりと色々とあるものです、こういったポイントをいくつも挙げてみて、自分の中で優先順位をつけるのです。

例えば、静かさが一番求める部分で、次に安全さで、最後に利便性を求めるという場合であれば、駅から結構離れている場所であっても、静かなところで、周りにもある程度家が建っていて監視の目がある環境を選ぶといった感じになりますし、また、利便性を重視するというのであれば、駅が近い場所やスーパーなどのお店が近い場所を選ぶといった形になります。

ちなみに、土地選びをする際には、地図をチェックして街の状況や周囲に何があるのかを確認してみることも大事ではありますが、実際の様子というのは、やはり現地に行ってみないとわかりませんから、実際に散歩をしてチェックしてみることが重要と言えます。

そうすることで、静かさや街灯の数、明るさなどの治安の面で気づきがあったり、車を持っている場合は、車の出入りがしやすいか、駐車の際に苦労するかなど、地図上では気づかなかったことや思いもしなかった問題に気づく場合もあるものです。

なお、実際にその地域の様子を見に行く時には、時間をずらして訪れるようにして、時間帯ごとの様子を把握すると、上記のような街灯の数や明るさに気づくことができたりするので、より細かくその地域のことがわかって良いものですし、その際にわかったことなどをまとめて、優先順位に当てはまっているかを確認するのも良いですね。

しかし、土地を選ぶ際にはやはり交通の便や静かさ、治安に関して、車を使用する際にどうなのかなどの、よく挙げられるような点がどうしても気になって、それらの点さえ満たしていればあとは大丈夫となってしまうかもしれませんが、実際に足を運んでみることでより細かなことに気づくことができる可能性があります。

実際に住み始めてからこの土地のこんなところが不便であるなどの不満を感じても、場所を変えるというのは現実的に難しいものです。
ですので、注文住宅を建てる際には後悔しない土地選びをすること、そのために時間ごとに何度も足を運んでみたり、周囲に何があるのかなどを調べることが重要です。

これらのことを行った上で土地の最終決定を行うことをおすすめします。

土地を選ぶポイント~part1~

土地を選ぶ際に、注意したいポイントとして挙げられるのが、地震と関係するものです。

日本は元々地震大国と呼ばれているのは有名ですが、最近では特に地震が多く、近い将来には大きな地震が非常に高い確率で起こると予想されていますので、土地選びの際には最も注意したいポイントです。

ですから建物自体の耐久性を高めたり、地震に対する備えをしておくのは必要最低限のことですが、その土台となる土地選びというのはその効果をより高くするためにも気をつけることが必要です。

そこで、まず土地選びを行う際に具体的に行うこととして挙げられるのが、活断層があるかないかです。
その土地自体に活断層が密集していたり、その活動確率や頻度が高くなっていると、それだけ地震に巻き込まれる確率も高くなると言えます。
ただしここで気をつけたいのは、活断層は未だ明らかになっていないものもあると言うこと、またそれがなかったからと言って地震が発生しないということではないと言うことです。
あくまでも、わかっている範囲内でのリスクの1つを減らすと言う意味合いで土地選びに活かすことが重要です。

このことから、土地選びの際には活断層があるかないかを確認した上で、避けることが重要です。

そして次に挙げられるのが液状化です。
水分が豊富に含まれている土地の場合、地震による揺れによってその水分が滲み出し、土地が液体のような状態になることがありますが、このような状態のことを液状化と呼びます。

もしこの液状化が発生すると、建物が無事であった場合でも建物が傾いたり、地盤に沈下していくといった被害が出る恐れもあります。

この液状化を避けるためには、水分が集まりにくい、そして水分が含まれていない、もしくは、含みにくい土地を選ぶことが大切です。
またこのような水分を多く含む土地は、土地自体が柔らかくて不安定ですから、揺れが建物に対して伝わりやすいと言うこともできます。

ですから液状化が発生しやすいような、水分を多く含む土地も避けた方が安心でしょう。

これらのことから、土地選びのポイントとして活断層がある地域や土地、液状化が起こりやすい水分を多く含んだ土地は避けるようにするのが懸命でしょう。

建物の耐震性や耐久性にこだわることも非常に重要なポイントではありますが、その建物を支える基盤が土地です。土地によって地震の被害が大きく変わってくると言っても過言ではありませんので、土地選びには注意しましょう。

長期優良住宅とは?

長期優良住宅という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
住宅を新築する際のキーワードとなっていますので、しっかりと理解しておいてください。

長期優良住宅とは、国土交通省によると、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅のことです。

この長期優良住宅として認定されるには様々な条件や基準をクリアする必要があるのですが、その条件として、快適に住むための環境が整っているかどうか、長く使用するための構造や設備があるかどうか、リフォームなどによって改修できるほどの可変性を持ち合わせているのかどうか、また、それらを可能にするだけの一定以上の広さがあるのかどうかということも挙げられます。

さらに、日本は元々地震大国と呼ばれているのは有名ですが、最近では特に地震が多く、近い将来には大きな地震が非常に高い確率で起こると予想されていますので、耐震性に優れているかどうかというのも基準に入っていますし、耐久性に関しては安心であると言えます。

そして、冷暖房効率を上げる効果を持つ気密性を確保することで、省エネを促進することができるという設備も備わっていますし、住宅を長期間使用することを前提として丈夫に作られるので、光熱費などのランニングコストを抑えられるのはもちろん、住宅を保全するためのランニングコストを抑えることも可能となっています。

これらのポイントを踏まえている住宅であれば、都道府県や市から長期優良住宅として認定され、お墨付きをもらうことができます。

認定を受ける際には、認定申請を行うことが求められますので、この認定を忘れないように注意が必要です。

さらに、平成28年から、新築に加えて増改築の際にも長期優良住宅の認定を受けられるようになりましたので、もし、すでに家を所有していてこれから増改築をする予定のある人は、県や市などの最寄りの役所に問い合わせてみると良いでしょう。

ただし、増改築の際の認定条件は、新築のものと多少異なるものもありますので注意が必要です。

このように、長期優良住宅は様々な基準をクリアしている住宅ですので、地震などの災害に耐えることができるのはもちろん、長期間の使用においても安心できるつくりになっています。

さらには、高齢者の方にも配慮してバリアフリーを取り入れているものもありますし、もし、そういった設備が必要となった場合も取り入れることができますので、高齢者に優しいのはもちろん、老後も安心して暮らすことができます。

長期優良住宅はこのように、非常に多くの魅力がございますのでぜひご検討ください。

ウォークインクローゼットのメリット・デメリット

人気の高い設備の一つにウォークインクローゼットがあります。
一歩いて中へ入ることのできる程度の広さを備えた納戸を指すことが一般的で、1畳程度の広さのものから4畳以上もの広さを確保しているものもあります。
一般的に2畳前後の場合が多く、作り付けの棚やハンガーを吊り下げることのできるパイプがあらかじめ取り付けられているケースもあります。

設置される場所は寝室が多く、また子供室などの洋室や玄関ホールに隣接して設置する例もあります。
とにかく収納力に関しては抜群なので、ウォークインクローゼットの存在が絶対条件であるという人も少なくありません。
しかしどのような設備に関してもメリットとデメリットがありますので、よく検討してみるのが良いでしょう。

ウォークインクローゼットのメリットは、その広さによる大きな収納力と使い勝手の良さです。
普通のクローゼットよりも奥行きがありますので、使用頻度の低いものや大型の季節家電、アウトドア用品などもすっきりと収納することができます。
寝室に設置すると、ベッド以外の家具を置くことなくたいへんスタイリッシュに空間を演出することもできます。
また衣類をハンガーに掛けた状態で大量に保管することができるために、シワが寄りにくく選ぶ時の手間もかからないために着替えの時間を大幅に減らすことができ、衣替えの時期にも入れ替えが必要ないという点も大きなメリットとなっています。

一方でデメリットにも目を向ける必要があります。
ウォークインクローゼットを設置するということは、その分の面積がまるまる収納スペースに使用されることになりますので、同じ床面積であっても、ウォークインクローゼットを設置した場合とそうでない場合とでは、全体的な空間の広がり感に差がでます。


面積を圧迫することとなりますのでプランニングの際には注意が必要となります。
また収納については、最も効率的な方法が「広く浅く」という方法をとるという鉄則があり、奥行きを広く取った空間においてはその収納力の高さに甘んじてしまい、全く使用する機会のない不要なものまで溜め込んでしまいがちになるという落とし穴があります。

 

部屋をすっきりさせたいために設置したつもりが、かえって不要品を貯めこむだけの空間となってしまうという可能性があります。

所有物が多い人は、壁面全体を収納とするタイプのクローゼットの方が整理しやすくすっきりとできる場合もありますので、家族の趣味やライフスタイルに応じて適切なタイプの収納を選んでいくことが重要です。

子供部屋の広さはどのくらいがベスト?

子供部屋の広さはどのぐらいがベストかと考える時に大事なことは、子供の成長を考えるという点にあります。

大人の視点から見ると子供には広すぎると思える部屋であっても、子供の成長というのは非常に早いものですから気づいた時にはあっという間に部屋が狭くなってしまっているということは珍しくありません。

子供が大きくなった時に別の広い部屋をあてがってあげることが出来るのであれば、成長に応じて部屋を変えていけばよいのですが実際にそのようなことができるのはごくわずかな人だけですから、あらかじめ余裕を持ったスペースの部屋を用意しておいたほうが無難だといえます。


そして、子供というのは大人以上にスペースを必要とするケースが多いものですから、大人が使ってみて広いと感じるぐらいの部屋を用意してあげるのがベストだと言えるでしょう。

もちろん、予算の関係などもありますから必ずしもそのように上手くいくとは限らないので、十分な空間を取ることができないといこともあることでしょうが、可能な限り子供部屋というのは広くとってあげるのがベストです。


大人の過ごす部屋というのはある日突然広さが必要となったり物が増えるといったことはそれほど多いものではありませんが、子供の場合には小学生になれば勉強机などが必要になりますし、中学生ぐらいになれば場所をとる趣味を持つようなこともあります。

高校生ともなってくると体も大きくなるので、小さな子供に合わせた部屋だと手狭になってしまうのであらかじめ余裕が必要となるのです。


また、将来のことを考えて習い事などをさせる場合にも子供部屋の広さというのは重要となり、習い事の定番となるピアノなどを始めさせるときにも大きな荷物を置くことが出来るスペースがあればスムーズに習い事を始めさせることができますから、そのような将来のビジョンを考えて部屋の広さを決めるのが良いでしょう。

子供部屋の広さを決めるのは今丁度いいサイズではなく、5年10年先を見据えた空間にしておくのが重要な事でありそれを考慮に入れた部屋づくりが重要となってきます。


大人の場合ですと5年10年先と言っても大きく変化があることはありませんが、子供の5年10年というのは大きな変化があるものとなっていますから、それを見越した少し広めの子供部屋を作っておくと成長に合わせて自然とフィットしていく部屋になるので気持ち広めぐらいにしておくのがベストとなります。

家を広く見せるための工夫

家を建てる計画をするとき限られた面積で家を少しでも広く見せるために活用される工法のひとつにスキップフロアがあります。


これは床面の高さを半階分ずつずらして設置することで空間の中にあえて段差をつけるため目線上に高低差ができることで実際にはかなり狭い面積であっても広く感じさせる効果が期待できるものです。

 

基本的に数段の階段の昇降は必要ですが、部屋と部屋の間には壁などの仕切りが無いため建物全体に開放的でのびのびとした空間を実現させることが出来ます。


一般的な床面のフラットな家よりも、フロアそのものを高低差によって感覚的に実際の面積よりも広く見せる効果があります。
そして段差ができることで壁がなくても部屋として独立した場所にできるので、空間を無駄なく有効に使えるのが魅力です。
基本的には廊下を作る必要が無いので、その分デッドスペースが生まれづらく、収納スペースなどに使える空間を増やすことが出来ます。

天井を高くする設計に吹き抜けを作るという方法がありますが、吹き抜けが地上階から最上階までを使った大空間を作るのに対し、スキップフロアは縦にずらしながら短い段差によって各フロアをつないでゆくというやり方なので、一般的な床面のフラットな住宅よりもスキップフロアの高さ分だけ天井が高くできるということになります。

 

吹き抜けは広い空間を確保できる分空調が効きにくくなる為光熱費などが高額になることが心配されますが、高低差をつけた段差で繋がれた空間は吹き抜けよりも冷暖房のロスは少ないのがメリットです。
段差によって部屋の目隠し効果は生まれるので、それぞれの部屋のプライバシーは確保されるのですが、幼い子供を育てるにはとてもワクワクするようなつくりで子供の気配を常に身近に感じながら生活できるのでとてもおすすめです。

ただし、吹き抜けよりは負担が少なくて済むとはいえ、スキップフロアは家全体が段差で繋がったワンルームといった状態なので、一般的な住宅よりもどうしても空調が効きにくくなり光熱費がかかるのはデメリットの一つです。
また、各部屋に壁を設けないために生まれる開放感と引き換えに遮音性は低くなるので、生活スタイルに合わせて例えば遮音カーテンを取り入れるなどの対策をとることが求められます。

近年は車椅子での生活も考慮してバリアフリーの住宅が人気ですが、スキップフロアはそうした流れとは全く逆の構造になり、家中にたくさんの段差があるのが特徴なので、足腰の弱った高齢者が同居するにはあまり向かない造りとも言えます。

 

開放感を手に入れる代わりに起こるさまざまなデメリットにどんな風に対処できるか、事前によく検討することが求められます。

浴室乾燥機の魅力

浴室乾燥機の魅力は、何といっても雨の日や花粉症対策で部屋干しした時に、洗濯ものが早く乾いてくれることです。

梅雨時期など雨の日が重なると洗濯物がなかなか乾かず、室内が部屋干しの洗濯ものだらけになってしまうことがあります。
室内にも湿気が多く、最悪の場合一日だけでは乾かないことも。

また、部屋干しすることによって、室内の湿度も上がってしまい、湿気が多い時などはますます湿度を上げてしまうことになります。

そんなとき浴室乾燥機があれば、洗濯を毎日するご家庭でも、洗濯ものがなかなか乾かずに翌日まで持ち越すことなく、毎日カラッと乾かすことができます。

急ぎの洗濯物があるときや、毎日洗濯しないと洗濯物の量があふれて大変なことになるご家庭、今日洗ってまた明日使いたい洗濯物があるときなど、本当に重宝します。


また、浴室乾燥機を使うと浴室の湿度も下がるため、梅雨時期などの浴室のカビ防止にもなります。

使用する時のポイントは、洗濯直後から使用しないということです。
洗濯乾燥機と違って、浴室の空気を乾燥させて温風を当てて乾かすものですから、部屋干ししてある程度湿り気のある状態になるまで乾かした上で使用するのが、乾燥時間を短縮し、確実に乾燥させるポイントです。

乾かし方にもポイントがあります。
厚手のものや乾かしにくい洗濯物を、できるだけ温風の吹き出し口の近くに干して、薄手のもの、乾きやすいものなどを温風から離れた端の方に干すと、洗濯ものをまんべんなく乾燥させることができます。


オール電化住宅などで夜間の電気使用料が安いご家庭などは、昼間は部屋干しして、電気料金の安い時間帯に集中して使用すれば、気になる電気代も抑えることができます。
夜間にタイマーを使って使用すれば翌朝にはカラッと乾いて、雨が降っていても前日の洗濯物が乾いていない、と気にすることなく、心置きなく洗濯することができます。


浴室は水回りの最たるところであり、カビが発生しやすい場所でもあります。

カビは空気中に浮遊するため、浴室にカビが生えた状態で浴室乾燥機をしようすると、カビの胞子が入ってしまって乾燥機能が低下したり、洗濯ものに臭いが付着してしまったりします。

浴室のカビ対策をしっかり行い、部屋干しでも気持ち良く乾燥できる浴室乾燥機を大いに活用してみてはいかがでしょうか。

フィルターのお手入れなどメンテナンスもしっかり行って、せっかくの洗濯ものに臭いや菌がつかないようにすることも大切です。

  • 住まいのことは何でもお気軽にご相談ください 電話番号:0847-51-3154
  • 無料お見積り
  • facebook